測量設計

地上測量

基準点測量及び水準測量、現地測量、路線測量、用地測量等を実施し、 社会基盤整備に欠かすことのできない高精度な測量成果を提供します。

地上測量では、GNSS、トータルステーション、地上レーザスキャナ等の最新の測量機器を用いて高精度かつ効率的に測量を行います。 地上レーザスキャナは、レーザ光で対象物をスキャンし、 広域の地形形状を直接3次元座標(3次元点群)データとして取得することができます。 得られた3次元点群データはスムースに後工程に受け渡され、縦横断図の作成や土量計算など、 設計・計画、土工工事の出来形管理等において有効活用が可能です。

また、道路、橋梁、トンネル等の構造物や自然地形から取得された3次元点群データを3次元CADモデル化することにより、 維持管理、防災計画、環境保全、文化財、CG等の幅広い用途に適用できます。 国交省が推進するi-Constructionにおいても今後最も活用が期待されている測量手法の一つです。

河川測量

河川測量 河川の洪水、高潮等による災害発生の防止等のための調査並びに河川の適正利用、流水の正常な機能等、 治水及び利水の総合的な管理に必要な資料を得るための測量です。
深浅測量 有人船を使用した深浅測量では、船の転覆、船からの転落等のリスクを常に伴い、 状況によっては人命に係わる事故につながる可能性があります。そのため、 無人のリモコンボートを使うことにより作業員の調査船上での作業を減らすことができます。

設計

砂防、道路分野の土木設計業務全般を主に行っています。 設計、計画の際には、工事施工を十分に考慮した上での設計図作製および最適案の立案を行い、 道路・砂防構造物の安全性及び環境への影響を考慮し、 3次元による可視化により効果的な施設整備の設計を提案しております。

砂防調査

砂防基礎調査 近年多発する豪雨災害を抑止するための災害対策必要箇所の抽出、危険区域の特定などを行います。
砂防施設点検 昭和初期から整備されてきた砂防施設の現地点検を行い、長寿命化計画を行うための健全度評価を行います。